~フォトコンテスト開催のお知らせ~

東海大学文化社会学部「知のコスモス」企画、ヨーロッパ・アメリカ学科主催でフォトコンテストを開催します。

テーマは、ヨーロッパとアメリカ!!(ヨーロッパとアメリカを思わせるものが対象)

①心に響いた一枚、②おもしろ写真、③インスタ映え、の3部門に分けて審査します。

各部門にて、最優秀賞と優秀賞を決定。受賞者には素敵なプレゼントもご用意していますので、湘南キャンパスの学生と教職員の方は奮ってご応募ください!

〈応募資格〉

東海大学湘南キャンパスの学生と教職員

〈募集期間〉

10月1日(月)まで 10月8日(月)まで延長

〈応募方法〉

ヨーロッパ・アメリカ学科広報部、europastd@gmail.comにメールでお送りください。

件名に「フォトコンテスト」と明記し、本文には学部、学科、学年、学籍番号、氏名(ペンネーム可)、作品タイトルを記載し、写真を添付してください。

※一人三作品まで応募可能

※応募いただいた写真は選考の上、A4サイズで展示しますので、できるだけ大きなファイルで送付をお願いします。

〈審査/展示〉

一般観覧者、ヨーロッパ・アメリカ学科教職員、広報部員による投票が行われます。

審査結果は、11月後半に発表します。

10月23日(火)〜11月3日(土)の期間に、湘南キャンパス3号館4階に展示します。

〈お問い合わせ〉

ヨーロッパ・アメリカ学科広報部

メールアドレス:europastd@gmail.com、または、ツイッターDM:@tokai_europe

 

 

広告

想いを伝える言葉

 マサシです。今回はちょっと小説を離れて絵本の話です。普段本を読まないという人でも、子どもの頃には何かしらの絵本を見たり、読んでもらったりしたことがあると思います。私は『ぐりとぐら』が好きでした、懐かしい。『はらぺこあおむし』とか、『100万回生きたねこ』とか、他にもいろいろありますよね。

Continue reading “想いを伝える言葉”

アメリカの教育制度

皆さんこんにちは、ライターのりょうです。秋学期に私が連載する記事は、欧米諸国の教育についてです。ヨーロッパやアメリカの教育制度は、日本と違うところがいっぱいあるので、細かく、かつわかりやすくお伝えできたらいいなと思っています。第一回目は、アメリカの学校制度についてです。

Continue reading “アメリカの教育制度”

わんわん物語

こんにちは、郁です。

「アメリカの年中行事」を連載していた頃の暑さはどこへやら、すっかり秋らしくなりましたね。秋といえば、「食欲の秋」や「読書の秋」、「スポーツの秋」など、なにをするにも良い季節ですが、今回はその中でも「芸術の秋」にちなんで、映画についてお話していきたいと思います。

私は幼い頃からディズニー映画が大好きで、今でもほぼ毎日見ています。現実ではありえない、夢のようなストーリー。でもそこには、明確なメッセージがあります。何度見ても、どんな作品を見ても、ディズニーが込めるメッセージにはいつも心を打たれます。

そんなディズニー映画には、アメリカを舞台にした作品が多くあります。ウォルト・ディズニーはアメリカ出身ですから、妥当ですね。そこで、今回の連載では「アメリカを舞台にしたディズニー映画」についてお話ししていきます。世界中で愛されているディズニー映画から、アメリカの文化にも触れていきたいと思います。

Continue reading “わんわん物語”

2018年秋学期始まりました!!

9月21日(金)に秋学期の授業が始まって、約2週間が経ちました。学生たちは、履修する授業も決まり時間割が完成したと思います。今学期は、学科主催のフォトコンテストが開催されるため、広報部も一緒に現在準備を進めているところです。

 
Continue reading “2018年秋学期始まりました!!”

クリスマス

こんにちは、郁です。夏休みも終わりが近づいてきましたね。ショーウインドーにはハロウィングッズが並びはじめました。ようやく、一つ前の記事で書いたハロウィンに季節が追いつき始めたところですが、ここで更に季節との差を開いていきます。ということで、「アメリカの年中行事」の連載第5回目となる今回は、「クリスマス」についてです。「もうクリスマスくらいしか書くことがないのではないか」とお思いの方、それはどうか胸の内に秘めておいてくださいね。

Continue reading “クリスマス”

世界を変えた発明家 ~ジョブズ編~

こんにちは!「世界を変えた発明家」の連載最後となる今回は、アップル社の創設者であるスティーブ・ポール・ジョブズをご紹介します。彼の生い立ちや、アップル社で開発した製品に関するエピソードなどを紹介していきます。

Continue reading “世界を変えた発明家 ~ジョブズ編~”

【幾重にも積み重なる物語】ミヒャエル・エンデ『はてしない物語』

マサシです。連載記事二回目は、ヨーロッパはドイツの作家、ミヒャエル・エンデです。盗まれた時間を取り戻すために小さな女の子が活躍する『モモ』もおすすめ(児童文学だけど、大人になってからの方がより深く楽しめるかも)ですが、今回は『はてしない物語』を取り上げます。この作品は、私をファンタジー世界に突き落とした作品の一つです。1982年に第一刷発行ですから、30年以上経つのですね。ちなみにもう一つは「ハリー・ポッター」シリーズですが、わざわざ紹介しなくても名前くらいは知っていますよね。

Continue reading “【幾重にも積み重なる物語】ミヒャエル・エンデ『はてしない物語』”

ハロウィン

こんにちは、郁です。まだまだ暑い日が続いていて、夏本番!という感じですが、ここでは一足早く秋をお届けします。いくらなんでも早すぎる、というツッコミは心の中だけでお願いしますね。というわけで、「アメリカの年中行事」の連載第4回目となる今回は、「ハロウィン」についてお話していきます。

Continue reading “ハロウィン”