~フォトコンテスト開催のお知らせ~

東海大学文化社会学部「知のコスモス」企画、ヨーロッパ・アメリカ学科主催でフォトコンテストを開催します。

テーマは、ヨーロッパとアメリカ!!(ヨーロッパとアメリカを思わせるものが対象)

①心に響いた一枚、②おもしろ写真、③インスタ映え、の3部門に分けて審査します。

各部門にて、最優秀賞と優秀賞を決定。受賞者には素敵なプレゼントもご用意していますので、湘南キャンパスの学生と教職員の方は奮ってご応募ください!

〈応募資格〉

東海大学湘南キャンパスの学生と教職員

〈募集期間〉

10月1日(月)まで

〈応募方法〉

ヨーロッパ・アメリカ学科広報部、europastd@gmail.comにメールでお送りください。

件名に「フォトコンテスト」と明記し、本文には学部、学科、学年、学籍番号、氏名(ペンネーム可)、作品タイトルを記載し、写真を添付してください。

※一人三作品まで応募可能

※応募いただいた写真は選考の上、A4サイズで展示しますので、できるだけ大きなファイルで送付をお願いします。

〈審査/展示〉

一般観覧者、ヨーロッパ・アメリカ学科教職員、広報部員による投票が行われます。

審査結果は、11月後半に発表します。

10月23日(火)〜11月3日(土)の期間に、湘南キャンパス3号館4階に展示します。

〈お問い合わせ〉

ヨーロッパ・アメリカ学科広報部

メールアドレス:europastd@gmail.com、または、ツイッターDM:@tokai_europe

 

 

広告

【幾重にも積み重なる物語】ミヒャエル・エンデ『はてしない物語』

マサシです。連載記事二回目は、ヨーロッパはドイツの作家、ミヒャエル・エンデです。盗まれた時間を取り戻すために小さな女の子が活躍する『モモ』もおすすめ(児童文学だけど、大人になってからの方がより深く楽しめるかも)ですが、今回は『はてしない物語』を取り上げます。この作品は、私をファンタジー世界に突き落とした作品の一つです。1982年に第一刷発行ですから、30年以上経つのですね。ちなみにもう一つは「ハリー・ポッター」シリーズですが、わざわざ紹介しなくても名前くらいは知っていますよね。

Continue reading “【幾重にも積み重なる物語】ミヒャエル・エンデ『はてしない物語』”

ハロウィン

こんにちは、郁です。まだまだ暑い日が続いていて、夏本番!という感じですが、ここでは一足早く秋をお届けします。いくらなんでも早すぎる、というツッコミは心の中だけでお願いしますね。というわけで、「アメリカの年中行事」の連載第4回目となる今回は、「ハロウィン」についてお話していきます。

Continue reading “ハロウィン”

世界を変えた発明家 ~ノイマン編~

こんにちは!「世界を変えた発明家」を連載している、ライターのりょうです。第4回目となる今回は、コンピュータの元を作ったジョン・フォン・ノイマンについてです。彼の生い立ち、コンピュータの構想のエピソードなどを紹介していきます。

Continue reading “世界を変えた発明家 ~ノイマン編~”

神の存在証明、トマス・アクィナス

こんにちは、カイリです。皆さんいかがお過ごしでしょうか?私は趣味の登山を控えており、早く涼しい山頂に行きたい気持ちでいっぱいです。さて、本日紹介するのは真理のさらに先にいる「神」の存在を証明しようとした男、トマス・アクィナス(1224年~1274年)です。

Continue reading “神の存在証明、トマス・アクィナス”

レイバー・デイ

こんにちは、郁です。相変わらず暑い日が続いていますね。みなさんは夏休みの予定はもう決まっていますか?友達や家族と旅行に行ったり、花火を見に行ったりと楽しいことがたくさん待っているという方も多いと思います。

でも、もしかした中には、遊ぶ時間がないアルバイト三昧なんていう方もいるのではないでしょうか。そこで「アメリカの年中行事」の連載第3回目となる今回は、「レイバー・デイ」についてお話していきます。

Continue reading “レイバー・デイ”

スウェーデンとフィンランドの自然

こんにちは、S.E.です。連日記録的な猛暑に見舞われていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。私は、エアコンがないと日本の夏に太刀打ちできなくなりました。こんな季節は少し北の国へ行ってみたくなりますよね。

今回は、そんな暑い季節に行きたくなる避暑地としても最適な北欧の2ヵ国、スウェーデンとフィンランドについて、前回に引き続き「自然」をテーマにご紹介していきます。

Continue reading “スウェーデンとフィンランドの自然”