ヨーロッパ文明学科主催シンポジウム

ヨーロッパ文明学科主催シンポジウムを開催しました。

「ヨーロッパと動物 ~人との関わり、そしてその多様性~」

2015年7月24日(金) 13:25~16:40(3・4限)

東海大学湘南キャンパス  14号館201教室
※どなたでも参加できます(入場無料・予約不要)

司会:中川 久嗣

河島思朗:古代ギリシア・ローマの家畜・犠牲獣・猟犬
~動物とともに生きる人々~

金沢百枝:聖人の愛すべき伴侶たち
~中世彩飾写本に見られる動物図像~

中澤達哉:民族中心主義における「人」と「動物」の乖離
~正当化される軽視とつくられる保護~

柳原伸洋:ドイツにおける動物保護の歴史
~犬を中心に~

原基晶:神話と現代をつなぐために
~チェーザレ・パヴェーゼの小説中の人と犬~

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中