オトラント大聖堂―床モザイク

オトラント大聖堂の床モザイクです。

オトラントとは、南イタリアのプーリア州にある町の名前です。

大聖堂には床一面にモザイクが敷き詰められています。

モザイクには、バベルの塔やケンタウロスが描かれています。

ヨーロッパ文明学科の主任である金沢百枝先生は『<驚異>の文化史』で、この床モザイクについての論文を発表されました。

 

 

名古屋大学出版、2015年発行
『<驚異>の文化史』
第9章 ロマネスク床モザイクに見る驚異
—— オトラント大聖堂の分類不能な怪物たち

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中