中川 久嗣/ナカガワ ヒサシ

教授

学位:博士(文学)

p_nakagawa1

〈主要授業担当科目〉

ヨーロッパ比較文化論

西ヨーロッパ地域研究

人文思想

文明理論講義

文明理論演習

〈専門分野〉

哲学

文明学

フランス文化論

〈現在の研究課題〉

・ミシェル・フーコーの批判理論

・南フランスの歴史的諸景観の復元

〈研究内容〉

フランスを中心としたヨーロッパ現代思想、とりわけミシェル・フーコーの思想を研究、その文明論的な把握をめざしています。総じてヨーロッパの現代思想は近代理性との何らかの対決を含んでいますが、単なる近代理性の廃棄ではなく、近代理性のもつさまざまな問題点を自覚・批判しつつも、それが内包する新たな可能性を模索することが重要であると考えています。またフランス、特に南フランスの歴史と文化についても関心があり、それらを卒業研究のテーマに選ぶ学生も多いです。東海大学のフランスへの派遣留学の引率もします。

〈所属学会〉

日本哲学会

比較文明学会

日仏哲学会

東海大学文明学会

〈入学をお考えの皆様へメッセージ〉

東海大学文学部ヨーロッパ文明学科では、在学中に短期・中期・長期のヨーロッパ海外留学を推奨しています。学生時代という若いうちに、ぜひ外国で生活し勉強するという経験をしてみて下さい。自分の視野が格段に広がり、自分というものに大いに自信がつくでしょう。世界がみなさんを待っています!

〈主な論文・著書〉

  • 『他者の風景──自己から関係世界へ──』(共著、批評社、1990年)
  • 「フーコーの『知の考古学』における言表/言説の実定性について」(『哲学』49号、日 本哲学会、1998年)
  • 「ミシェル・フーコーの批判理論 -いわゆる規範的問題をめぐって」(東海大学紀要文 学部、第82号、2005年)
  • The Subject and the Will to Knowledge in the work of Michel Foucault.(東海大学 紀要文学部、第84号、2006年)
  • 「ローマ帝政期における自己への配慮と批判的知の問題 -古代倫理をめぐるミシェル・ フーコーの比較研究について」(比較文明、第22号、比較文明学会、2006年)

〈メールアドレス〉

nakagawa@tokai-u.jp

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中