実地研修に行ってきました! Part3

 

実地研修で最後に行った国はポーランドです! 正直言ってドイツと比べると地味な印象を拭えませんが、とてもいいところで、行けば絶対に楽しかったと言えるところです。

ポーランドでまずはじめに驚いたことは、圧倒的な物価の安さです。ポーランドはEU加盟国ですが、自国通貨のズウォティが安定しているので、ユーロを使っていません。ちなみに1ズウォティ=約30円です。ホテルの自動販売機に売っているコカ・コーラが3ズウォティなので、日本のスーパーマーケットと同じぐらいの値段で買うことができます。ドイツでは2ユーロくらい(日本円で300円くらい)です。そしてポーランドのコカ・コーラは飲みやすく、とにかく美味しいので、是非飲んで欲しいです。

 

今回の実地研修の目的は、ユダヤ人の迫害の歴史を辿るというものなので、最終日に訪れたアウシュッヴィッツ=ビルケナウ強制収容所は旅の目的地と言えます。ここはポーランド南部にある国立公園で、入場料は無料でした。残っている施設が一部博物館として利用され、収容所内で使われていた品々や、当時の写真などが展示されています。

事前に授業でユダヤ人の迫害を学んでいき、なぜナチスはユダヤ人を大量殺戮したのか、ということを知ってから訪れたので、より感慨深さがあったように思います。誰しもが人生で一度は訪れた方がいい場所ですが、もし行く機会があれば、少しだけでも歴史や知識を知ってから行くと感じるものがまったく違うと思います。

 

初めてのヨーロッパは、研修で決められたコースを大人数でまわるものだったので、特に不安を感じることなく過ごせました。今度ヨーロッパを訪れるときは一から自分で計画を立てて準備をして行ってみたいと思います!! (宏太)

 

 

今回で実地研修のレポートはおしまいです。次回の記事をお楽しみに!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中