マサシ・スペシャル 『11/22/63』

広報部連載スペシャル・セレクティスを書かせていただくマサシです。私は、ヨーロッパやアメリカの作家が書いた小説について、気ままに書いていこうと思います。

まず紹介させていただくのは、アメリカの巨匠といわれる人物、ジョン・F・ケネディ大統領とタイムトラベルを使った作品、スティーヴン・キングの『11/22/63』(白石朗訳)です。既にドラマ化もしていて今さらと思われるかもしれませんが、私が初めてキングの世界に触れたのがこの小説なのです。

11-22-63-9781501120602_hr
画像出典:simonandschuster.ca

そもそもこの作家に興味を持ったのは、『ALAN WAKE』というゲームに、彼の作品が影響を与えていると聞いたことがきっかけでした。その後、たまたま午後のロードショーで放送されていた『ミスト』を観て、なんてとんでもない結末を書くのだと、衝撃を受けたことを覚えています。突如現れた謎の霧と怪物、怯える人たちが信仰に縋ろうとする不安定さ、拳銃で助けてくれたおじいさん(個人的に一番スッキリしたシーン)。おもしろい映画でしたが、観る人はそれなりの覚悟がいるかも。

話を戻します。アメリカの歴史に興味がある人には、このタイトルが何を意味するか分かるでしょう。1963年11月22日、ジョン・F・ケネディ暗殺事件の日です。主人公が行けるのは、1958年の、ある決まった日にだけ。これを使ってケネディ大統領を救ってくれ、そう頼まれた主人公は、過去の世界に飛び立ち新たな生活を始めます。

50~60年代、ローザ・パークスが白人に席を譲らなかったことを理由に逮捕され、キング牧師の有名な演説、“I Have a Dream”が行われた時代。美しくも退廃的な世界が、キングによって緻密なリアルさをもって描き出されています。

過去は変えられることを望まない。これによって、主人公の行動は大きく抑制されます。人の命を、ましてや歴史を左右するような人物を救おうとすれば、目標へ近づけないようにしてくるどころか、その命をも奪おうとしてきます。もう一つ厄介なことは、暗殺事件にまつわる様々な陰謀説です。公式には、リー・ハーヴェイ・オズワルドによる単独犯とされていますが、もし共犯者がいてその人物に殺害されてしまえば、始めからすべてをやり直さなければなりません。そのために、犯人をさっさと処理して解決とはいかないのが辛いところ。

上・中・下と続くこの長編で、主人公は、ただ犯人を追いかけるだけではありません。お金を稼ぐために教師として勤めた学校で、多くの人と関わることになります。そこで得たものは、教師としてのやりがいと、何よりも大きな存在となる女性との出会いです。背が高く魅力的だが、不幸を呼び寄せてしまう恋人。主人公のみ知っている、過去でもあり未来でもある事件を抱え込む苦悩、救えたものと失ってしまったもの。

「過去は共鳴する。」

結末に至るすべてを読んで欲しいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中