謎を読む

謎を読む/ジェフリー・ディーヴァー『ボーン・コレクター』(池田真紀子訳、文藝春秋)
マサシです。先日、大学の講義で、アガサ・クリスティの『アクロイド殺し』を映像で観る機会がありました。名探偵ポアロが隠居先で出会った殺人事件を解決するという、犯人探しのストーリー。原作との違いが大きく、観るならそれ単体の作品として楽しんだほうがいいかもしれません。原作は、読者に対してフェアかどうかという点で議論されたり、現代では違う解釈がされるようになったりと、興味深い作品となっているようです。同作者の有名な『そして誰もいなくなった』は、翻訳の問題か読みづらかった印象がありますが、ミステリーの代表といえます。

Continue reading “謎を読む”

広告

ボルト

こんにちは、郁です。

 

12月も半ばに差し掛かり、もうすぐ1年が終わろうとしていますね。気が付けば、今年もあと17日です。こうして日数で見てみると、本当にあと少しだなと実感します。何かと慌ただしいこの時期ですが、クリスマスやお正月といった楽しいイベントがある時期でもあるので、残りあと少し、楽しく過ごせたらいいなと思います。

さて、連載第5回目となる今回は、第3回目でお話したカーズのマックィーン同様、稲妻がトレードマークの主人公が登場する「ボルト」についてです!

Continue reading “ボルト”

プリンセスと魔法のキス

こんにちは、郁です。

 

今日、11月30日は「絵本の日」だそうです。絵本というと、小さい頃にお母さんやお父さんに読んでもらった思い出のある方も多いのではないでしょうか。絵本の世界には、日常からちょっぴり離れた不思議な世界が広がっています。今回はそんな、不思議な世界で繰り広げられる魔法のお話「プリンセスと魔法のキス」についてです!

Continue reading “プリンセスと魔法のキス”

カーズ

こんにちは、郁です。

11月も中盤に差し掛かり、寒い日が続くようになりましたね。雑貨屋さんやショッピングモールがクリスマス仕様になり始め、冬の訪れを感じます。クリスマスといえば、サンタクロースを思い浮かべる方が多いと思います。町全体が赤色に染まり、一気に華やかになりますよね。ということで、今回はそんな「赤色」の車が主人公のカーズについてです。

Continue reading “カーズ”

リロ・アンド・スティッチ

 

こんにちは、郁です。

早いもので、気が付けばもうすぐ10月が終わろうとしています。すっかり秋らしい気候になり、半袖の方を見かけることも少なくなりました。もしかすると、あの暑さが少し恋しくなってきた、という方もいらっしゃるかもしれません。ということで、今回は常夏のハワイを舞台に、2002年に公開された「リロ・アンド・スティッチ」についてです。

Continue reading “リロ・アンド・スティッチ”