シャンボール城

こんにちは、Mです。今回はフランスの世界遺産である「シャンボール城」を紹介します。

みなさんは、フランスのロワール渓谷を知っていますか?ロワール川流域に広がる渓谷で、16世紀にお城や庭園が数多く建てられたことから「フランスの庭園」と呼ばれている美しい場所です!現在も残っている古城や庭園からは、当時の貴族の優雅な暮らしぶりがうかがえます。そしてなんと、ロワール渓谷には60以上ものお城が現存しています。

Continue reading “シャンボール城”

広告

謎を読む

謎を読む/ジェフリー・ディーヴァー『ボーン・コレクター』(池田真紀子訳、文藝春秋)
マサシです。先日、大学の講義で、アガサ・クリスティの『アクロイド殺し』を映像で観る機会がありました。名探偵ポアロが隠居先で出会った殺人事件を解決するという、犯人探しのストーリー。原作との違いが大きく、観るならそれ単体の作品として楽しんだほうがいいかもしれません。原作は、読者に対してフェアかどうかという点で議論されたり、現代では違う解釈がされるようになったりと、興味深い作品となっているようです。同作者の有名な『そして誰もいなくなった』は、翻訳の問題か読みづらかった印象がありますが、ミステリーの代表といえます。

Continue reading “謎を読む”

マンフレート・フォン・リヒトホーフェン

こんにちはmikoです。寒さが厳しく、布団が恋しい季節ですね。年末も近くなり、大掃除の準備に取り掛かる人もそろそろ出てくる頃でしょうか。さて、連載第4弾はドイツのパイロット『マンフレート・フォン・リヒトホーフェン』についてです。

Continue reading “マンフレート・フォン・リヒトホーフェン”

ボルト

こんにちは、郁です。

 

12月も半ばに差し掛かり、もうすぐ1年が終わろうとしていますね。気が付けば、今年もあと17日です。こうして日数で見てみると、本当にあと少しだなと実感します。何かと慌ただしいこの時期ですが、クリスマスやお正月といった楽しいイベントがある時期でもあるので、残りあと少し、楽しく過ごせたらいいなと思います。

さて、連載第5回目となる今回は、第3回目でお話したカーズのマックィーン同様、稲妻がトレードマークの主人公が登場する「ボルト」についてです!

Continue reading “ボルト”

シャルル・ナンジェッセ

こんにちはmikoです。

気がつけば12月になってしまい、今年ももう残りわずかとなりました。年末に向けて何かと忙しいこの時期ですが、忙しいからこそ充実感を味わえる時期ではないでしょうか。さて、連載第3弾目はフランスのパイロット「シャルル・ナンジェッセ」についてです。

Continue reading “シャルル・ナンジェッセ”

プリンセスと魔法のキス

こんにちは、郁です。

 

今日、11月30日は「絵本の日」だそうです。絵本というと、小さい頃にお母さんやお父さんに読んでもらった思い出のある方も多いのではないでしょうか。絵本の世界には、日常からちょっぴり離れた不思議な世界が広がっています。今回はそんな、不思議な世界で繰り広げられる魔法のお話「プリンセスと魔法のキス」についてです!

Continue reading “プリンセスと魔法のキス”

フランス教育制度

皆さんこんにちは、ライターのりょうです。秋学期に私が連載する記事は、欧米諸国の教育についてです。第3回目はフランスの教育制度についてです。フランスは、学校教育と家庭教育がしっかり分かれているため、親は学校に知育教育を委ねています。それでは、フランスの教育制度を見ていきましょう。

Continue reading “フランス教育制度”

エルンスト・ウーデット

こんにちはmikoです。

11月も半ばを過ぎ、寒さが本格的になってきましたね。私はこたつに入ってしまうとなかなか抜け出せず、困っています。こたつから出るのは勇気がいりますよね。さて、前回に続く連載第2弾は、ドイツのパイロット「エルンスト・ウーデット」です。

Continue reading “エルンスト・ウーデット”